Eurobike 2009

ドイツはフリードリッヒスハーフェン市見本市会場で開催されていたEurobike 2009




urban veloを見てると気になるものがチラホラ。





charge wool jacket
服も出すみたい。
洒落てます。





Dia Compe suicide levers
(自殺のレバーとはどういう意味?)





Cinelli Gazzetta?
カラバリ抱負で価格が気になります。





Brooks cowhide saddle
いわゆる牛革。




Traitor Fixie freestyle
650BMX
Traitor cyclesの650bホイールを使用した全く新しいコンセプトのfixed gearバイク。
先日もコチラで紹介されていましたが、フロントにはディスクブレーキが取り付けられています。
しかし、ピストのフリースタイルというかトリック系は本当に発展途上な感じですよね。
ここまで行くとピストじゃない!って思う方も当然居ると思いますが、確かに”いわゆる”ピストではないかも。


あくまで個人的な見解ですが、中古NJSフレームで激しいトリックを行うのは、ちょっともったいない様な気がします。
当然それがカッコいいという見方もあると思うし、全く否定はしません。


最近BMXメーカーなどからハードなトリック向けのフレームやフォークが多数発表されていますが、トリックの発展方向を見ると必然なんでしょうね。


まぁ、毎回何が言いたいかわからなくなってしまって申し訳ないですが、前後650bの乗り味とかトリックのしやすさとかブレーキがある事によるメリットとか、非常に気になる一台であることは間違いありません。


webサイトを見ると来年3月発売予定らしいのですが、また次期フレームの悩みが増えた・・・。