HELLRIDE FILMS CYCLLICA

行ってきましたHELLRIDE試写会。


会場のantiには約30名ほどの札幌ピスタが集結。
そしていよいよ上映開始。
まさかあのシーンから入るとはッ!


スクリーンに釘付けになったところでオープニングスタート。
前作もそうでしたが、Andyさんの作るオープニングは選曲から編集まで相当アガります。
無論今年も完全に心を掴まれました。


オープニングのテンションのまま個人パートへ。
最初はTani。
彼の走りはやっぱり熱かった。
絵になるわ。


その後KMTブラザーズやCMWCのパートなどを経て、我らW.Wパートへ。
それぞれの個性が出た非常に気持ちのいい感じに仕上がってました。
そして選曲もよかった!
合間合間でSEX!ってシャウトが入るのが最高ですw
客観的に自分のライディングを大画面で見ましたが、なかなかイケてますねーw
もちろんまだまだな部分はありますが、今年はここまで出来たという確認と今後のモチベーションに確実に繋がります。


その後、NWのYamaさんやMAT、RYUそして函館クルーのパートなどがあり、Andyさんパートへ。
Andyさんのメイク率の高さやスキルの高さは知っているつもりですが、やっぱり別格です。
ストリートで縁石乗り越えてロールバックtoスライダー、さらに歩道に上がってウィリーで締めるとか。
ワンメイクして終わりじゃなくて流れる様に連続でトリックを決めていく感じがものすごく良かったです。


最後はHELLRIDEの看板ライダー(?)Hayama!
もう全編通して決まりすぎててちょっとムカつきますw
でもそれだけ長い時間撮影に費やしたんだろうし、Andyさんに対してアイデアをバンバン出してるのも見てたので、あの仕上がりは納得かも。
今年はケガとかフレームの故障とか色々あったけど、この人がいないと札幌のピストシーンは盛り上がらないと思います。


そしてエンディング①へ。
まさにエンディングに相応しい美しい曲に美しい映像。
さらにライディング意外のショット等々。
めでたしめでたし。


でもこれで終わらないのがHELLRIDEですよね。
エンディング②は前作同様の曲に合わせてクラッシュシーンやら思わず笑ってしまうような映像の数々。
本当に盛りだくさんでお腹いっぱいです。


生意気ながら全体を通して見た感想でも。
率直に本当に面白い作品に仕上がっていると思います。
これは自分や仲間達が多数参加しているので贔屓目には見ているということもあるかもしれませんが、それでもどこに出しても間違いない最高の作品だと僕は胸を張って言うことができます。
さらに前作の製作期間が確か秋口から開始して雪が降るまでとかだったと思うんですが、今回は春先の景色や夏の空と緑そして紅葉と落ち葉、エンディングでは雪がチラつく場面もあり、本当に北海道の四季の移り変わりがわかり、北海道の良さが全面に出ていると思います。
また、今回は製作期間が長かった事や各ライダーとAndyさんの繋がりが太くなったおかげか、各ライダーのパート毎の選曲や取り方などでそれぞれ個性が良く出ていた様に感じました。


来シーズンHELLRIDEを制作するかはまだ分かりませんが、少なくとも自分はまだまだ自転車に乗っているだろうし、もっとAndyさんを含めた色々なライダーと一緒に乗って沢山のことを吸収したいと考えていますので、みなさん来年もよろしくお願いします。
巨匠お疲れ様でした

Andyさん本当にお疲れ様でした!
来年もまたよろしくお願いします!

via North Wheelie



  • おまけ

grand izakaya fuji
その後は2次会3次会へ。
楽しかったなー